乾燥肌原因でニキビ跡が長引く

乾燥肌の方は注意が必要

ニキビ跡が全然治る気配がないと悩みながらもあれこれとスキンケアを試してみている方も多いと思いますが、実は乾燥肌になってしまっていることが症状を長引かせている原因になってしまっていることがあるのです。

 

一般的な認識として、乾燥肌と聞くとただ単に文字通り水分が蒸発して乾燥しているだけで、いつもよりもしっかりと化粧水を塗り込めば解決すると考えている方もいるようですが、そんなに単純なものでもありません。

 

肌が乾燥しているということは、実は肌の表面が網のようにスカスカになって肌の内側にとどまるべき水分が逃げやすい状態になってしまっているのです。

 

だからいっくら化粧水を頑張って塗ってみてもほとんど改善しません。

なぜなら、化粧水に含まれる振るおい成分は分子が大きいので肌の内側に入り込めませんし、もし入ったとしても皮膚の表面がスカスカになってしまっているために、水分を蓄えられない状態になっているのです。

 

しかも、水分が保持できないだけでなく、内側から漏れやすい状態というのは外からの侵入しやすい状態になっているともいえるわけです。

潤い不足は刺激に弱くなる

潤いが不足したスカスカのお肌になると、外部からの刺激に対して敏感な状態になります。

 

通常は皮膚が潤いを持つことで細胞のスキマをしっかりと埋めてくれているので、細菌や刺激をしっかりと防いでくれているのですが、必要な油分や水分を失ってしまった皮膚はこの外部からの刺激などを防ぐ力が落ちてしまっているために、
いわゆる敏感肌というものになってしまっているのです。

 

そして、敏感肌の状態になるとちょっとした刺激などによって皮膚が炎症を起こしやすいくなり、赤くなったりして過剰な反応を示すのです。

 

そのため、ニキビ跡のように炎症が残っている状態の肌にちょっとの刺激を加えるだけでも、ダメージが正常な状態よりも強く感じられてしまうため、炎症がとても悪化しやすいのです。

 

そのため、スキンケアを色々と頑張ってみても、肌を守る力が弱まっているため、通常では何の問題もないような刺激や、刺激を感じないはずのコスメなどが原因で炎症を悪化させてしまうことがあるのです。

 

このように、乾燥した肌というのは肌が根本的に弱っている状態であるため、ニキビ跡などの炎症が悪化しやすく、簡単には治らない状態に陥ってしまっているのです。

 

よって、いくらニキビ跡が治らないからといって炎症を抑えることばかりに意識を向けるのではなく、肌の根本的な機能を修繕するためセラミドなどを配合した化粧水を使って、肌を守る力をしっかりと修復してから、炎症を抑えたりするためのケアをした方が、遠回りのようで実は近道なんじゃないかと思うのです。

 

今現在、ニキビ跡の赤みや色素沈着に悩んでいて、炎症を抑えたり、メラニにン色素を抑えるためのケアをしているのに効果を感じられないという方は、乾燥肌になっているようならば、まずはスカスカの肌に必要な油分であるセラミドを配合した化粧水や美容液で本来の肌の力を取り戻すことを優先してみて下さい。