ニキビ跡が治らないのは洗顔方法が原因?

顔を洗いすぎていた?

私は20代のころから大人ニキビに悩まされてきて、30代になりだんだんとニキビの発生が落ち着いてきました。

 

ですがまだニキビ跡が残ってしまっています。

 

最近までニキビの発生の原因が皮脂の多さにあると思っていて、少しでも肌がべたついたらあぶら取り紙を使ったり、朝晩の洗顔も念入りに30回ほど洗い流していました。

 

しかし、この方法がニキビの原因になっていたのです。

 

先日、別の症状を見て頂くために近隣の皮膚科を受診した際、私の肌について先生からバリア機能が落ちていると指摘されました。

 

洗顔方法などを伝えると、肌を痛めていると言われ、洗いすぎだということを教えて頂きました。

落とし過ぎないことが大事

洗顔をするときにたくさん摩擦をして、さらにすすぎのときに水をたくさんつけるだけでなく、手で擦ってしまっていることによって、手と顔の間の摩擦で肌が乾燥してしまっているということでした。

 

確かに私は洗顔後いつも肌がピリピリとしていて、急いで化粧水をつけていて、化粧水だけでは潤いが足りず乳液、美容液もたくさんつけていました。

 

しかも、この洗顔後にいろいろとつけてしまうことも摩擦の原因になるそうで、私の場合は顔を洗うときに肌に多くの刺激を与えて乾燥しやすい状態にして、さらに化粧水やら美容液をいろいろと使ってまた摩擦をするという悪循環にはまってたのです。

 

まず洗顔をしすぎなければ、そんなに保湿は必要ないそうです。

 

早速次の日から洗顔を朝は洗顔フォームを使わずさっと流すだけにして、夜も洗い流すときにはできるだけ手でこすらないように気を付けて、水でバシャバシャとやるようにしました。

 

最初のうちは、なんだから汚れが1つも落ちていないような気がしてスッキリしない感じだったのですが、徐々に新しいニキビはほとんど出来なくなり、徐々にニキビ跡も薄くなってきました。

 

結果がでてくるとさすがに今までの自分のケアの方法が間違っていたことを認めざるを得ず、もっと早く誰かに相談していればよかったと後悔しました。

 

ニキビ跡は昔からのものもたくさんあるので、そんなに簡単には綺麗にならないと思います。しかし、今の方法を続けていけば、徐々に綺麗になっていくと確信しています。

 

先生から乾燥しないように気を付ければ、肌のバリア機能が高まり、跡もきれいになるよと言われているからです。

 

更にビタミン剤を飲むと色素沈着が薄くなることも聞いているので、今後試してみたいと思っています。