ビタミンC誘導体入りのコスメならニキビ跡にぴったり

ニキビ跡の複雑な症状をケアするにはどうしたらいい?

ニキビが治ってきたと思ったのに、ずっと跡が残り続けてしまっていると言う方は多いと思いますが、どんなケアをしたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

ニキビのケアなら皮脂をしっかりと洗ったりすれば何となく改善につながるような気がしますが、赤くなったり黒くなってしまったニキビ跡のケアは難しいですよね。

 

そもそも赤いのは炎症だし、黒くなってしまっているのはメラニン色素が沈着しているものなので、両方のケアが必要になってくることもあり、ニキビ跡のケアはとても難しいのです。

 

ですが、このようにいろいろな要因が重なっているニキビ跡にはビタミンC誘導体の入ったコスメを使ったケアがおすすめです。

ビタミンC誘導体ははニキビ関連のケア強い

ビタミンC誘導体の魅力は何と言っても効果の幅が広いことでしょう。

 

一般的にビタミンCは抗酸化作用があることは知られていると思いますが、それだけではなく炎症や皮脂を抑えたり、ニキビ跡が黒くなったりシミの原因となるメラニン色素が作られるのを防ぐ作用があるのです。

 

そのため、ニキビ跡の赤みや色素沈着のケアにとどまらず、過剰な皮脂によってできてしまうニキビのケアにもぴったりなのです。

 

ただ、ビタミンC誘導体はどれも同じではなく、いろいろな種類があり、選ぶものによっては肌に合わなかったり、刺激を感じたりするので注意が必要です。

 

種類や選び方の参考:ニキビ跡ビタミンC誘導体.com(別サイトへ移動)

 

実際に私は最初にビタミンC誘導体の濃度が高ければいいと思って、高濃度を謳っているものを購入して使ってみたのですが、使い始めてすぐに顔がピリピリとするようになり、だんだんと赤くなってしまいました。

 

私が使っていたものは水溶性ビタミンC誘導体で、比較的刺激を感じやすいものだったのです。

 

乾燥肌や敏感肌の方はできるだけAPPSという最新型のビタミンC誘導体を配合したものを使ってみて下さい。

APPSなら敏感肌でも使えます

APPSはビタミンC誘導体の中でも刺激が少なく、しかも浸透力が高いため、ニキビ跡の症状がひどい方におすすめだと思います。

 

私もAPPSを使うようになってからは、刺激を感じることも無くなり時間はかかりましたがニキビ跡を薄くすることができました。

 

APPSは刺激の強い水溶性のものと、肌に優しく浸透しやすい油溶性の性質を併せ持ったものなので、何を選んだら良いかわからないという方はまずAPPSから使ってみるといいでしょう。

 

過去にビタミンC入りのコスメを使って肌荒れなどを起こしてしまったという方でもAPPSであれば問題無く使えることも多いと思うので、パッチテストなどは必要だと思いますがビタミンCはダメと決めつけずに試してみる価値はあると思います。